世界に羽ばたくAKB48!
美容室は微探しで
美探しドットコム



やっぱAKB48でしょ!

 クレジットカード会社クレディセゾンと関係会社の女性社員で結成されたアイドルグループ・東池袋52の2ndシングル「なつセゾン」のミュージックビデオ(MV)のフルバージョンが13日、YouTubeで公開された。本作は“ダンス選抜”7人がパフォーマンス。MVには8月26日に横浜アリーナで開催された『@JAM EXPO 2017』出演シーンや舞台裏が織り交ぜられている。

【動画】東池袋52「なつセゾン」MVフル公開

 東池袋52は今年5月、“勝手にアンサーソング”のキャッチコピーが付いた「わたしセゾン」でデビュー。人気アイドルグループ・欅坂46の「二人セゾン」をほうふつとさせるMVでネットを中心に反響を呼んだ。

 単発企画かと思いきや、8月25日に2ndシングル「なつセゾン」の予告編動画を公開。翌26日には前出の『@JAM EXPO 2017』でライブ初披露された。デビュー曲は24人でパフォーマンスしたが、今作はいきなりダンス選抜として7人に絞られ、青柳瑛菜、池田佳穂、磯梓咲、高柳茉里、藤本栞菜、前田彩季、渡邉ゆりえが日々の会社業務の傍らレコーディングやダンスレッスンを行ってきた。

 クレディセゾン営業企画部部長でプロデューサーの相河利尚氏は「今回は、会社員アイドルにとっては難易度の高い振付となっており、夏のアイドルのセオリーよろしく、ダンス選抜メンバー7名で編成しました」と説明。「本当に1ヶ月もない短期間で、歌やダンスを覚えてもらいました」と明かした。

 今作はデビュー曲同様、作詞はCM界を代表するコピーライター・仲畑貴志氏、作曲はAKB48「ポニーテールとシュシュ」などを手がけたヒットメーカー・多田慎也氏、振付は有名アイドルグループを数々手がけるユニット・振付屋かぶきもんが引き続き担当している。
(この記事はエンタメ総合(オリコン)から引用させて頂きました)