AKB48頑張れ!
近くでお気に入りのヘアサロンは
美探しドットコム



【参照:ビルボードジャパン チャート・インサイト(2017年9月11日付)】(http://www.billboard-japan.com/chart_insight/)

 以前も書いた通り、ビルボードジャパンチャートは「話題性」を反映しやすい。CDの売上枚数だけでは見えてこない近頃の音楽のヒットの形がこのランキングにはよく表れているだろう。しかし、今週のチャートはなかなか面白いことが起きている。

■DAOKO×米津玄師「打ち上げ花火」が3週連続で全部門トップ10入りのはずが……
 先週に引き続き全部門でトップ10入りを果たしたDAOKO×米津玄師「打ち上げ花火」は、総合2位にランクダウン。一方で、ラジオで17位、動画再生で38位と伸び悩んだAKB48「#好きなんだ」が総合順位で1位を獲得した。これは、「パッケージ購入/デジタルセールス/ストリーミングの合算値」の比重を他と比べて高くしているからであり、無料で聴いたりツイートすること(=接触)よりも楽曲に向けて対価が支払われたこと(=所有)の方がより総合順位に影響しやすく設定されているためだ。

 つまり、ツイートでも動画再生回数でも絶好調ではあるものの発売から少し時間が経ってセールスは落ち着いてきた「打ち上げ花火」は、「#好きなんだ」が叩き出した初週売り上げ108万枚(オリコン調べ)という桁違いの「所有」の大きさには到底敵わなかったというわけである。

■重要視される音楽の「所有」

 このあたりのバランスが複合チャートの”腕の見せ所”でもあるのだが、複合的な要素をまとめて一つのランキングとして見せるときに、CDの売り上げやダウンロード数といった指標が依然として重要な地位を占めているのがビルボードジャパンチャートである、というのは頭の片隅に常に入れておかなければならない。つまり、いくらTwitterやYouTubeで話題を掻っさらっても、やはり「曲が売れる」ことが重要なのである。

 しかし、だ。オリコンによれば週間売上が4万9千枚となったPerfume「If you wanna」よりも、ルックアップ(=PCによるCD読み取り回数)で低い値となった「#好きなんだ」のために生産された100万枚以上ものCDは、いったいどこへ消えたのだろうか……。同様に、セールスで2位に付けたBTOB「Brand new days」は、ルックアップにおいてはなんとランク圏外である。つまり、実際にはほとんど聴かれていないCDが購入されている現状なのにも関わらず、音楽の「所有」を示す数値に重きが置かれているのは、いささかもどかしい気分ではないだろうか(AKB48もBTOBもCDプレーヤーに直接入れて聴かれているのでは? という指摘は一応成立するが……)。

■テレビ特番によりTwitterで話題に V6「愛なんだ」

 ところで、先週は『Animelo Summer Live 2017』にて11年ぶりにサプライズ披露された「ハレ晴レユカイ」がツイート1位を獲得したことからも分かるように、ツイート部門は毎週各地で起きた出来事が直に反映されていると言えるだろう。発売から一年近く経過した星野源「恋」も、動画削除要請の話題によりいまだこの部門では5位と高い位置に付けている。また、ライブでサプライズ披露された欅坂46のアルバム曲「夏の花は向日葵だけじゃない」さえも17位にランキング入り。そんな中、地上波特番の効果で、なんと2001年発売のV6「愛なんだ」が首位をマークした。

■「曲が売れること」と「話題性」の天秤

 このように、アルバム収録曲であったり10年以上前の曲でさえもがチャートに登場したりするのが、ツイート部門の特徴である。ただし、もし総合ランキングがこういった「話題性」に傾き過ぎてしまうと、アーティストは新しい作品を生み出すモチベーションを失うだろう。「曲が売れること」と「話題性」の天秤で、複合チャートはどちらにどの程度の重石を置けばよいのか。今週の結果は、そうしたテーマを今一度考えさせられるものであった。

■ラジオチャートの意義

 最後に、ラジオ部門に注目したい。もともとラジオ部門は、セールスや話題性と一線を画した「独立した動き」を見せることが多い。例えば、以前記事を書いた6月12日付のチャートでは、AKB48やTWICEがセールスでも話題性でも席巻しているなか、ラジオ部門ではNulbarich「It’s Who We Are」が1位を獲得していた(総合では37位であった)。当然、放送局ごとのパワープレイなどが影響しているパターンもあるにせよ、パーソナリティの好みの選曲も少なからず介在しているこのランキングは、「人に聴かせたい」「オススメの一曲」が集計されている。

 今週のラジオチャートでも、あいみょん「君はロックを聴かない」が5週連続でトップ10入り(総合は55位)、PAELLAS「Shooting Star」が18位(総合圏外)など、セールスや話題性に依存するわけではない、けれども”旬”である楽曲がチャート上位に出現するのが、この部門の特性だ。

 そんななか、ラジオ部門で13位と健闘したのがRHYMESTER「Future Is Born feat. mabanua」である(リリース直前のため総合は圏外)。YouTubeで公開されているMVを見ると、曲を遮って宇多丸がこう言う。

「YouTubeで聴いてもらうのはいいんだけど、一応商品だからさ、ファンだったら……買って! 商品をね。これ観てる皆さんもね……ひとつ、よろしくお願いします」

 この言葉が、奇しくも今週のチャートから見えてきた「曲が売れること」と「話題性」のある種の乖離現象を物語っているようで、面白くもあり、悲しくもあった。
(この記事はエンタメ総合(リアルサウンド)から引用させて頂きました)