AKB48列伝

AKB48に関するニュースをまとめます。

スポンサードリンク



世界に羽ばたくAKB48!
美容室は微探しで
美探しドットコム



やっぱAKB48でしょ!

 俳優の成田凌(24)が10日、都内で映画『ニワトリ★スター』完成披露試写会の舞台あいさつに登壇。かなた狼監督(46)から度胸試しとしてパンツ1枚になるよう命じられ、さらにAKB48の「ポニーテールとシュシュ」を歌唱したことを明かした。

【写真】舞台あいさつに主要キャスト陣が登壇

 同作は東京の片隅にある奇妙なアパート“ギザギザアパートメント”で共同生活をする草太(井浦新=43)と楽人(成田)を中心とした群像劇。井浦はくたびれた大麻の売人、成田は全身タトゥーの赤髪モヒカンという役どころとなる。

 成田は楽人役を熱望していた。「最初は台本を読まないで打ち合わせに来てと言われたけど、読んでから行った。そしたら監督に会ったときに『台本、読んだ?』と聞かれて、どうやって答えようと思って、『読みました…』と言ったら『あぁよかった』と。そこからスイッチが入った。『日本には僕しか楽人を演じられる人間はいない』と言い切りました」と、一風変わったかなた監督に引かれたことを明かした。

 そんな経緯があって決まった楽人役。かなた監督と2人でワークショップも行ったという。監督から「恥ずかしいことあるか」と問われ、体当たりで役に挑む覚悟を決めていた成田は「ないです」ときっぱり。そのまま、パンツ1枚になり、歌と踊りをするよう指示された。成田は「たまたま高校生のときに文化祭で(AKB48の)『ポニーテールとシュシュ』のダンスをやった。1曲まるまる踊りました。苦痛な日々でした…」と苦笑い。「イジめたみたいになるやん」とかなた監督は大慌てで「僕もこの作品にかけてた。どこまでできるのかなというのがあった。パンツ1枚で何分も放置しても全然、心が折れない。探っていく方法だったんです」と意図を説明。成田は「監督に全てを提示した。今、思うと、すごくいい時間でした」としみじみ振り返っていた。

 また、同居人という設定のため、クランクイン前に10日間にわたって成田と井浦は同居したという。LiLiCo(47)が「キスぐらいしてると思いますよ」とちゃちゃを入れると、成田は「墓場まで持ってくようなことは、この場では言いません。男2人なんで、いろんなことはありますよ」と会場を大いに笑わせていた。また、同居の費用として10万円を渡されたが“親睦会”として監督らとキャバクラに行き、一夜にして使い果たしたことを報告し、驚かせた。

 イベントには紗羅マリー(31)、阿部亮平(37)、津田寛治(52)も登壇した。
(この記事はエンタメ総合(オリコン)から引用させて頂きました)




AKB48頑張れ!
近くでお気に入りのヘアサロンは
美探しドットコム



 SKE48の惣田紗莉渚(25)が9日、都内の福家書店新宿サブナード店で初ソロ写真集「うらばなし」の発売記念イベントを開いた。

 前日の名古屋に続き、2日連続となったイベントで惣田は自身の“うらばなし”を披露。「近ごろ、メンバーから『給料上がったんでしょう。ご飯をおごって』と言われる」と苦笑した。

 惣田は2006年のAKB48第3期生オーディションで落選したが、13年のドラフト会議で這い上がった根性の持ち主。埼玉出身で青学大在学中のため、東京と名古屋を往復しながら勉学と仕事を両立し、昨年の総選挙では8位に大躍進している。

 待望の初写真集では“遅咲きアイドル”惣田がこれまで見せたことがなかった努力と葛藤の日々をたどっている。
(この記事はエンタメ総合(東スポWeb)から引用させて頂きました)




世界に羽ばたくAKB48!
美容室は微探しで
美探しドットコム



やっぱAKB48でしょ!

 新潟を拠点に活動するNGT48が、サードシングル『春はどこから来るのか?』を4月11日にリリースすることを8日、NGT48劇場での劇場公演中に発表した。サードシングルでは、Team NIII、そして研究生8人(ドラフト3期生は含まず)の1期生24人全員が選抜メンバーとなり、センターは本間日陽(ほんま・ひなた)が務める。

【写真】NGT48 1期生全員の写真

 昨年のAKB48選抜総選挙で13位にランクイン。5位のNGT48荻野由佳同様、前年の圏外からの初選抜入りという大躍進を果たし、握手会でも高い人気を誇る本間。「青春時計」のカップリング曲「純情よろしく」(ダンス選抜曲)、「世界はどこまで青空なのか?」のカップリング曲「ナニカガイル」(全員曲)でセンターを務めているが、シングル表題曲でのセンターは今回が初めて。

 なお「春はどこから来るのか?」のミュージックビデオを、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭でグランプリを獲得した『孤高の遠吠』や『全員死刑』などで知られる映画監督・小林勇貴が手掛けることも発表となった。特報映像では、小林監督がNGT48のメンバーに凄味をきかすシーンも映し出され、異色の顔合わせによる化学変化を期待させた。

 セカンドシングル「世界はどこまで青空なのか?」では、映画『溺れるナイフ』の山戸結希監督がミュージックビデオの監督を手掛け、各方面から高い評価を得たが、今回また、気鋭の監督のもとで、NGT48のメンバーがどのように成長していくのか注目したい。

 なお現在、NGT48は新潟市とのコラボで、2期生のオーディション参加者を募集中。応募締め切りは2月28日。応募の方法はオーディション情報サイト「デビュー」に掲載中。
(この記事はエンタメ総合(デビュー)から引用させて頂きました)


↑このページのトップヘ