AKB48列伝

AKB48に関するニュースをまとめます。

スポンサードリンク



世界に羽ばたくAKB48!
美容室は微探しで
美探しドットコム



やっぱAKB48でしょ!

 NGT48北原里英(26)が、来年2月公開の映画「サニー/32」で主演を務めることが20日、分かった。来春にグループを卒業して女優の道へ進むことを先月発表しており、女優生活の第1歩となる作品で、アイドルのイメージとは違う新たな姿を見せつける。

【写真】新潟酒造社CMに出演した北原里英

 脚本は完全オリジナルで、監督は13年公開の映画「凶悪」などでメガホンをとった白石和弥氏。物語は、中学教師役の北原が、男たちに誘拐、監禁されるところから始まる。暴行されたり、服を脱がされて下着姿になるシーンもあり、北原の行方とともに、さまざまな社会問題にも踏み込んでいくサスペンス作品だ。

 北原は「この映画をもって、新たな人生を歩み始められることを幸せに思います。撮影ではアイドルであることを忘れるほど集中して臨めました」とコメント。「待ちに待った瞬間を迎えて、震えるほどうれしい気持ちです」と話した。

 アイドルとして約10年活動した。白石監督は「北原里英の秘めた破壊力がこの作品で解き放たれます」と話す。体当たりで臨んだ渾身(こんしん)の初主演作。誰も見たことのない、新たな北原の姿がそこにはある。

 ◆北原里英(きたはら・りえ)1991年(平3)6月24日生まれ、愛知県出身。愛称「きたりえ」。07年10月にAKB48の5期生として加入。12年8月から13年4月まではSKE48も兼任。15年3月、NGT48にキャプテンとして移籍することを発表。17年8月に18年春をめどにグループから卒業すると発表した。今年のAKB48選抜総選挙は10位。女優としては12年公開の初主演映画「ジョーカーゲーム」や16年公開の映画「任侠野郎」などに出演。157センチ。A型。
(この記事はエンタメ総合(日刊スポーツ)から引用させて頂きました)




AKB48頑張れ!
近くでお気に入りのヘアサロンは
美探しドットコム



 女優の美保純(57)が、語学留学のため渡米した元AKB48大島優子について「ちょうど休みたい時なんじゃない」とおもんぱかった。

【写真】語学留学のため渡米した元AKB48大島優子

 20日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」は、大島が8月米ニューヨークに渡航していたとの報道を取り上げ、美保は「日本から脱出したいっていうのはあるんでしょうね。友だちとかボーイフレンドとかも海外の人と付き合ったりとか」「ちょうど休みたい時なんじゃない」と、AKB時代から走り続けてきた大島の胸中を推し量った。

 海外での語学習得について「ポツンと1人で行ったら物おじしないで英語うまくなるけど、海外行っても日本人社会にいるとチヤホヤされたままだと得るものは絶対少ないと思う」と指摘。一方、役者修行としての観点からは「(肥やしには)あんまりならないと思うな。芝居方法が違うし、リアクションとか英語の表現とか、ハリウッドデビューするならいいけど、全然違うんで」と否定的だった。

 また、スピリチュアルカウンセラーの江原啓之氏は、AKB卒業後、女優として活動を始めた大島の現在について「今ちょうど低迷期」と指摘。「そういった時は、何か別の資格を取るとか、勉強するとか、頑張らない時っていうのがある。時間でいうと夜みたいなもの。夜活動してもろくな事が起きないから朝が来るのを待ちなさいっていうの。この時間の使い方が絶妙にうまいのこの人。(今後)来ますよ、きっと。変身してくるんじゃないかな」と予想した。
(この記事はエンタメ総合(日刊スポーツ)から引用させて頂きました)




世界に羽ばたくAKB48!
美容室は微探しで
美探しドットコム



やっぱAKB48でしょ!

 AKB48チーム8の小栗有以(東京都代表)と岡部麟(茨城県代表)が20日、東京都内で行われた第72回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」の記者会見に出席し、トークショーに参加した。

 前回の岩手国体では、東京が天皇杯(男女総合優勝)を3年ぶりに、皇后杯(女子総合優勝)を4年連続で獲得した。これを踏まえ、小栗は「連覇を目指して東京ファイト!」と、地元の選手にエールを送った。

 岡部は、都道府県を代表する形で国体に出場する選手たちと、47都道府県から1人ずつ選出されたチーム8のメンバーが「同じものを背負っている」とコメント。「メンバーの応援メッセージが選手の方に届けばいいな」と期待を込めた。

 一方、開催地となる愛媛県のイメージを尋ねられると、「かんきつ系」と岡部。小栗は「昔からミカンが好きで、肌がミカン色になるほど食べていた。愛媛に行く機会があれば、頂きたいな」と話していた。

 日本体育協会が運営する国体の応援サイト「#国体fan」では、チーム8のメンバーが出身の都道府県にエールを送っている。
(この記事はエンタメ総合(時事通信)から引用させて頂きました)


↑このページのトップヘ