AKB48列伝

AKB48に関するニュースをまとめます。

スポンサードリンク



世界に羽ばたくAKB48!
美容室は微探しで
美探しドットコム



やっぱAKB48でしょ!

センターを務めた久保怜音(13)

8月16日、秋葉原・AKB48劇場で、平均年齢16.1歳の若手メンバーによる新公演「世界は夢に満ちている」が開幕。光文社『FLASHスペシャル』青木宏行編集長が、「姉妹グループなしの、純粋なAKB48の若手のみで」と依頼を受け、プロデュースした。

ヤンキースの田中将大(28)やジャーナリストの田原総一郎(83)など著名人がプロデュースする公演はこれまでも行われていたが、編集者によるプロデュースは今回が初。東京オリンピックが開催される2020年を見据え、15期以降に加入したメンバーを中心に選抜。世間的にまだあまり有名ではないが、期待の若手ばかり。ファンにはたまらない陣容だ。

セットリストはクール系のダンスナンバーが2曲ほどで、アイドルらしい王道曲が中心。ゲネプロで「忘れかけていたもの、初心を思い出させてくれる公演」と語ったメンバーたちは最後までだれることなく駆け抜け、フレッシュさを見せつけた。

ゲネプロ後の囲み取材では、キャプテンの村山彩希(20)が「ファンの方に『AKBまだまだいけるよ!』と思ってもらえるよう頑張ります」と宣言。Wセンターの小栗有以(15)、久保怜音(13)は「オリンピックでAKBの顔になれるように頑張りたい」と抱負を語った。

年内に渡辺麻友(23)の卒業を控えるAKB48。全盛期を支えた初期メンバーはどんどん卒業していくが、劇場でキラキラと踊る若手たちには「これから始まる」という希望が満ちていた。劇場という原点を忘れない限り、AKBの未来は明るいのかもしれない。
(この記事はエンタメ総合(女性自身)から引用させて頂きました)




AKB48頑張れ!
近くでお気に入りのヘアサロンは
美探しドットコム



 パフォーマンスショー「ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー」の東京公演初日が8月15日、東京都内で行われ、応援サポーターを務める元「AKB48」で女優の島崎遥香さんが特別出演した。公演後の会見に登場した島崎さんは、応援サポーターとしてPRコメントを求められると、「えっと、難しいな……」と思い悩んだ末、「オフィシャルサポーターなので何ができるか……。これから偉い人と一緒に考えます」と答え、笑いを誘った。

【動画】島崎遥香、「ブラスト!」でアルトサックスを生演奏

 また、島崎さんは、中学の頃に吹奏楽部で演奏していたというアルトサックスのパートで公演にも出演。登場すると、会場には歓声が起こり、島崎さんは手を振って笑顔で応えていた。会見では、今回の出演に向けて8年ぶりにサックスを練習したといい、「不十分な出来ではありましたが、リハーサルで3~4回やった中では本番が一番よかったです。小さい頃から本番には強い」と胸を張った。

 「ブラスト!」は、60種類以上の楽器を使って、ミュージシャンたちが演奏しながらダンスやパフォーマンスするアメリカ発のショー。日本では過去740公演を行い、約111万人を動員している。今回は、ディズニー最新作「モアナと伝説の海」の主題歌「どこまでも~How Far I'll Go」のほか、数々の名曲も演奏される。全国ツアーは7月9日の山形公演からスタートし、島崎さんは東京公演の初日のステージに登場した。
(この記事はエンタメ総合(まんたんウェブ)から引用させて頂きました)




世界に羽ばたくAKB48!
美容室は微探しで
美探しドットコム



やっぱAKB48でしょ!

 シンガー・ソングライターの松任谷由実(63)が17日、都内で行われた舞台「朝陽の中で微笑んで」(東京・帝国劇場、11月27日~12月20日)の製作発表に、W主演の俳優・寺脇康文(55)らと出席した。

 夫で音楽プロデューサーの松任谷正隆氏(65)が演出・脚本を手掛け、ユーミンの歌と演劇が融合する音楽劇。今作は3年ぶり3作目で、500年後を舞台に時を超えた男女の純愛を描く。

 歌とストーリーテラーを務めるユーミンは、荒井由実時代のアルバム「14番目の月」(76年)に収録の「朝陽―」がタイトルになり、「私の作品の中でも最も歌うのが難しい。こんなにレンジが広くて難しい歌になるとは思わずに、歌唱力を無視して作った。今の表現力でこの歌をテーマとして歌うのは楽しみ」と気合を入れた。同曲など16曲を歌う予定。

 帝劇公演では、初日と中日に座長が弁当を用意する“座長弁当”のしきたりがある。14年には関西の料亭から取り寄せた超豪華な懐石弁当200個を差し入れており、「それじゃなきゃ嫌だと思って、最初は空輸を考えたけど、確実に人手で、2~3人がかりで新幹線代で運んでもらった」。今年もすでに構想を練っているといい、「後戻りは許されません。皆さんに喜んでもらえるのが楽しみ」と笑顔を見せた。

 寺脇から「流しそうめん」とリクエストされ、「ライブ感をお求めですね。あるかもしれません」とニヤリ。共演の元AKB48・宮澤佐江(27)から「甘いものもほしい」とおねだりされると、「かしこまりました」と快諾。「座長弁当でも帝劇の新たな歴史を刻みたい」と力を込めた。

 このほか、俳優の六平直政(63)、斎藤洋介(66)らが登壇した。
(この記事はエンタメ総合(スポーツ報知)から引用させて頂きました)


↑このページのトップヘ