AKB48列伝

AKB48に関するニュースをまとめます。

スポンサードリンク



世界に羽ばたくAKB48!
美容室は微探しで
美探しドットコム



やっぱAKB48でしょ!

 『必殺!バカリズム地獄』に漫画家・峰なゆかが出演。自身が飲み会を企画するときに誘う仲間について言及し、番組MCのバカリズムが絶賛した。

 今回は峰のほか、ゲストに恵比寿マスカッツ1.5のグラビアアイドル・夏目花実、元AKB48・SDN48のメンバーでタレントの野呂佳代、相撲好きタレント・山根千佳が出演。鬼ギレエピソードを語った。

 一般人からの鬼ギレエピソードとして「会って間もないのにLINEを聞いてきて、なおかつLINEで飲み会を開催してくれと頼んでくるおじさん」が紹介されると、番組MCのバカリズムは「結局(LINEを)交換しているんですね」と指摘。

 峰なゆかが「自分がデートに誘われるんじゃなくて、飲み会を開いてくれって言われたから腹が立ったんですよね」と話すと、バカリズムも「自分じゃなかったことにむかついたんですよね」と同意した。
(この記事はエンタメ総合(AbemaTIMES)から引用させて頂きました)




AKB48頑張れ!
近くでお気に入りのヘアサロンは
美探しドットコム



 『必殺!バカリズム地獄』に漫画家・峰なゆかが出演。最近驚いた芸能人のSNS投稿内容を明かした。

 今回は峰のほか、ゲストに恵比寿マスカッツ1.5のグラビアアイドル・夏目花実、元AKB48・SDN48のメンバーでタレントの野呂佳代、相撲好きタレント・山根千佳が出演。鬼ギレエピソードを語った。

 一般人からの鬼ギレエピソードとして「SNSで『お腹がすいた』とコメントしながら自撮りの写真を載せる人」が紹介されると、峰は「一番びっくりした投稿は、アイドルの人で『今日親戚が亡くなりました』ってブログで書いて、なんの脈絡もなく自撮りを載せていたこと」と告白。
(この記事はエンタメ総合(AbemaTIMES)から引用させて頂きました)




世界に羽ばたくAKB48!
美容室は微探しで
美探しドットコム



やっぱAKB48でしょ!

 『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17)の大ヒットも記憶に新しい入江悠監督が、自らのオリジナル脚本で挑んだ『ビジランテ』が12月9日から全国公開された。入江監督の地元・埼玉県深谷市でロケを行ない、父の死をきっかけに再会した一郎、二郎、三郎の三兄弟が運命に翻弄(ほんろう)されていく姿を、ハードなバイオレンス描写とともに描いた。三兄弟役でトリプル主演を務めた大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太に撮影の舞台裏を聞いた。



-すさまじい熱量にあふれた映画でした。入江監督のオリジナル脚本ということですが、最初に台本を読んだときの感想はいかがでしたか。

大森 台本には描かれていない部分が多かったので、実際に現場に行ってみないと分からない、監督の頭の中にあることがたくさんあるんだろうなと思いました。とはいえ、こういうことがやりたいんだろうなという、入江監督の世界を読み取るきっかけにはなったような気がします。

鈴木 重いな…と思いましたね。

大森 楽しめました?

鈴木 楽しんで演じられるような役柄ではなかったので…(笑)。台本を読んだときは緊張しました。大変な撮影になるんじゃないかと、目に見えない重圧を感じて。でも、一郎や三郎を見たら、南朋さんはすごく大変そうだし、健太も大変なシーンがたくさんあるし、それに比べれば、俺はまだ二郎でよかったな…と(笑)。

桐谷 二郎は二郎で大変ですよ。

鈴木 そうですね。三者三様で大変な台本だなって…。

大森 誰にもなりたくないですし。

-桐谷さんはいかがでしょうか。

桐谷 監督はどうしてこういう話を書こうと思ったのか、知りたくなりました。監督が脚本を書くと、俺はすごく信頼感が増すんです。ただ、三郎をどう演じたらいいかは全然分からなかった。でも、撮影が始まるとき、三郎の格好をして深谷に立ってあの寒い風を受けた瞬間に、何かを感じたというか…。三郎はこういう歩き方するんだろうなと思ったんですよ。それは、この深谷の空気を知っている監督が書いたからで、それを知らない俺に分からないのは当たり前だなと。

-皆さん仲が良さそうですが、劇中では一郎に対して二郎と三郎が対立する形で兄弟らしさがよく出ています。現場はどんな雰囲気だったのでしょうか。

大森 現場は和気あいあいとしていました。

桐谷 3人一緒の時はよくしゃべりました。南朋さんとも浩介くんとも面識があった上での三郎役だったので、待ち時間は2人に甘えさせてもらいました。もともと仲の悪い兄弟ではなく、千切れてしまった絆がまた戻るのかどうか…という部分もあったので、そういう仲の良さが、三郎を演じる上で役立ちました。

-入江監督とは、役について現場でどんなお話をされましたか。

鈴木 僕はほとんど話していないです。健太がコミュニケーションを取っているのを見ている感じで(笑)。やり方は人それぞれですし、やってみて感じたことでしかできないから…。もっとこういうふうにやりたいんですけど…なんて話すと、逆にハードルが高くなる気がしますし。

大森 僕も演出の話みたいなものはあまりしなかったです。「この作品終わったら、次は何入るんですか?」「『サイタマノラッパー』です」「忙しいですね」みたいな世間話ばかりで(笑)。

-現場はずっと和やかな雰囲気だったのでしょうか。

大森 はい。ハードな話ですけど、過酷なシーンの時に緊張感が漂うぐらいで、特にピリピリした現場ではなかったです。
(この記事はエンタメ総合(エンタメOVO)から引用させて頂きました)


↑このページのトップヘ