AKB48列伝

AKB48に関するニュースをまとめます。

スポンサードリンク



AKB48頑張れ!
近くでお気に入りのヘアサロンは
美探しドットコム



 AKB48グループによる「ユニットじゃんけん大会2017」が24日、名古屋市の日本ガイシホールで開催された。予備選を勝ち抜いた48組がトーナメント戦で戦った結果、HKT48の荒巻美咲と運上弘菜によるユニット「fairy w! nk」が優勝し、CDデビューの権利を獲得した。

 トーナメントを勝ち進んだ同ユニットは、決勝でNMB48の矢倉楓子と村瀬紗英による「ふぅさえ」と対決。ユニットを代表して荒巻と矢倉が戦い、直前に「負ける感じがしない」と話していた荒巻が初手で矢倉を下した。荒巻は「勝ててうれしいです」と喜びの涙。HKT48の先輩、指原莉乃は「おめでとう!」と祝福した。

 「fairy w! nk」のコンセプトは「笑わないアイドル」だといい、荒巻は「平成のWinkさんを目指している」。このユニットは研究生の運上を誘って組んだそうで、荒巻は「私の一言から、ここままで来ることになるとは思わなかった」と、驚きを隠せない様子だった。

 「じゃんけん大会」は今年で8回目。例年はメンバーが個人で出場したが、今回はメンバー同士がユニットを組んで参加する形式に変更された。優勝した「fairy w! nk」のCDは12月13日発売予定。準優勝の「ふぅさえ」と、ベスト4に入った大家志津香、宮崎美穂、北原里英のユニット「kissの天ぷら」、SKE48の白井琴望もCDのカップリング曲を歌うことができる。

 また、イベント中には、新たな人材発掘のためのイベント「第3回AKB48グループドラフト会議」が来年1月に開催されることが発表された。過去2回のドラフト会議では、各チームのメンバーが候補生を指名したが、今回はファンが各チームに必要な人材を選ぶという。
(この記事はエンタメ総合(時事通信)から引用させて頂きました)




世界に羽ばたくAKB48!
美容室は微探しで
美探しドットコム



やっぱAKB48でしょ!

◆第8回AKB48グループユニットじゃんけん大会2017(24日、愛知・日本ガイシホール)

 荒巻美咲(16)と運上弘菜(19)=ともにHKT48=によるユニット「fairy w!nk」が優勝し、12月13日のCDデビュー権を獲得した。

 決勝はCブロックから勝ち上がった村瀬紗英(20)と矢倉楓子(20)=ともにNMB=の「ふぅさえ」と対決。「fairy w!nk」荒巻が、「ふぅさえ」矢倉にチョキで勝利した。

 「fairy w!nk」デビュー曲に、他3ブロックを勝ち上がった「ふぅさえ」、SKE・白井琴望ソロ、「kissの天ぷら」(NGT・北原里英、AKB・宮崎美穂、AKB・大家志津香)の3ユニットもカップリング曲で参加する。
(この記事はエンタメ総合(スポーツ報知)から引用させて頂きました)




AKB48頑張れ!
近くでお気に入りのヘアサロンは
美探しドットコム



参考:2017年9月11日~2017年9月17日週間CDアルバムランキング(2017年9月25日付)

 桑田佳祐『がらくた』が返り咲きの1位を獲得。昨年リリースされた小田和正のベストアルバム『あの日 あの時』のチャートアクションでも同様のことを感じたが、ベテランアーティストのフィジカルの販売スパンは息が長い。「初動=最高順位」のままチャートを下っていくのではなく、熱心に情報を追っていなくても「そういえばアルバム出たんだな」と気がついて買うような層が2週目以降の売り上げを支えているのだろう。スピード感が重視される昨今において何とも牧歌的な感じもするが、こういう現象こそが「生活に根づいた音楽文化」と呼べるものなのかもしれない。先週ワンツーフィニッシュを飾った浜田省吾の企画アルバムが8位と9位に踏みとどまるなど、レジェンドの動きが目立つ今週のチャートである。

 さて、今回取り上げるのは2位にランクインした内田彩の『ICECREAM GIRL』。μ'sのメンバーでもある声優の自身名義では3枚目のフルアルバムである。先日はどうぶつビスケッツ+かばん×PPPの一員として『ミュージックステーション ウルトラFES』(テレビ朝日系)に出演するなどマスに届く活動が続いており、そんな勢いもあってか自身初のトップ3入りを果たした。

 今作を聴いた印象は、「こうだったかもしれないJポップのヒットチャート」。 作品冒頭を飾るキラキラしたエレクトロサウンドの「What you want!」「Yellow Sweet」(Tommy february6あたりを想起させる)、ガールズロックど真ん中という感じのロック風味「Say Goodbye,Say Hello」、アーバンでおしゃれな「Close to you」など、ラジオのカウントダウン番組を聴いているかのような手広さである。hisakuniや黒須克彦といった手練れによって手がけられたこれらの楽曲に内田彩のキャッチーな歌声が乗ることで、アルバム全体としても筋が通ったものになっている。

 「メインストリームの音楽がつまらない」という批判はクオリティを担保したヒット曲が多数登場した昨年で一旦無効になった感があるが、一方で「AKB48の登場以降、似たような曲がヒットチャートに並ぶようになった」といった類の物言いには(いろいろと反証はあるものの)一定の説得力があると言わざるを得ない側面もある。様々なサウンドの楽曲が次々に登場する『ICECREAM GIRL』を聴いていると、「もしかしたらJポップにはこういう感じの未来があったのかもしれない」という気分になる。

 ポップカルチャー内の序列でアニメが「一部のおたくのもの」から「間口の広い一般的なジャンル」になって久しい。その影響力は今では音楽を凌駕する部分もあると思われる。そういった構造を考えると、アニメを支える声優の面々による音楽が音楽シーン全体においてもっと存在感を増してもいいはずだが、現時点ではまだまだ一部の好事家からの注目を集めているレベルだと言ってよいだろう。Jポップ全体を包含するかのような感触を持つ『ICECREAM GIRL』の好調なチャートアクションは、声優アーティストが音楽シーン内の力関係を再構築していくきっかけとなるだろうか。
(この記事は音楽(リアルサウンド)から引用させて頂きました)


↑このページのトップヘ