AKB48列伝

AKB48に関するニュースをまとめます。

スポンサードリンク



AKB48頑張れ!
近くでお気に入りのヘアサロンは
美探しドットコム



 演歌歌手氷川きよし(40)が18日、東京・NHKホールで行われた「長良グループ 演歌まつり 2018」東京公演に出演した。

 平昌冬季五輪(ピョンチャンオリンピック)フィギュアスケート男子で金メダルを獲得した羽生結弦(23)の演技について、「羽生選手はすごく努力されて。すごいことですよね。ドラマチックで、熱いものがこみ上げてきました。涙が出ました」と話した。すると、山川豊(59)から「(羽生に)似てるよね」と言われ、水森かおり(44)からも「私もそう思った!」と同調された。

 氷川は「え?」と戸惑ったが、山川から「雰囲気とか、対応も似ているよ」と指摘された。「いやいや、とんでもないです。羽生選手のファンにバッシングされちゃいます。とんでもないですよ!」と恐縮した。さらに「あんなに手足も長くないですし」と付け加えると、出演者たちは一瞬、沈黙。少し間を空けた後、水森から「いやいや、抜群!」とフォローされ、笑いを誘っていた。

 氷川は、先月発売した新曲「勝負の花道」が、オリコン週間シングルランキングで4位となり、シングル30作連続のオリコン週間ランキングトップ10入りを達成。自らが持つ演歌・歌謡アーティスト部門の歴代1位記録を更新した。司会の西寄ひがしから「まさに演歌界の金メダルですよ」と五輪にちなんで絶賛されると、「いやいや、本当にありがたいです」と再び恐縮していた。

 また元AKB48の演歌歌手岩佐美咲(23)も羽生の金メダルを祝福した。「羽生選手は同い年ですし、以前から見ていて、応援したいなと思っていました。ああやって活躍されて、本当にすごいなと思います」。
(この記事はエンタメ総合(日刊スポーツ)から引用させて頂きました)




世界に羽ばたくAKB48!
美容室は微探しで
美探しドットコム



やっぱAKB48でしょ!

 俳優の味方良介(25)が主演する舞台「熱海殺人事件 CROSS OVER 45」(スポニチ後援)が17日、東京・新宿の紀伊国屋ホールで開幕した。

 故つかこうへいさん作で、上演45周年目の名作。捨て身の潜入捜査を行う女性警官役の元AKB48・木崎ゆりあ(22)は、味方が演じる主人公に胸をもまれるシーンなど体当たりの演技を披露。NON STYLEの石田明(37)らが共演。3月5日まで。
(この記事はエンタメ総合(スポニチアネックス)から引用させて頂きました)




AKB48頑張れ!
近くでお気に入りのヘアサロンは
美探しドットコム



今春にNGT48を卒業することが決まった“きたりえ”こと北原里英。

そんな彼女が卒業発表後、初主演を務める映画『サニー/32』が2月17日から全国で公開!(新潟・長岡では2月9日から先行上映中)

【画像】北原里英の撮り下ろしカット

ネット上で“犯罪史上、もっともかわいい殺人犯”と呼ばれ、神格化された少女“サニー”をめぐる誘拐事件を描いた作品。物語はある晩、彼女演じる中学教師・赤理が、サニーの熱狂的な信者・柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)に誘拐されるところからスタートする。

映画公開&卒業直前ということで、撮影の感想から卒業への想いまで語ってもらうべく“きたりえ”を直撃した!



■『凶悪』メンバーとの現場は意外にも和やか!

―撮影お疲れ様でした! 今回、どんな経緯で出演が決まったんですか?

北原 ちょうど3年前くらいですかね? 私が出ていた『AKB48のオールナイトニッポン』に秋元先生が出演してくださったことがあって。そこで「北原の主演映画を撮ろう」と言ってくださったんですよ。

―おぉ! 秋元康さん、直々に!

北原 それで「どんな映画がいい?」と希望を聞いてくださったので「『凶悪』のような映画に出たいです」ってお伝えしました。元々、“重め”で“暗めの雰囲気”だけど“エンタメ性”がある作品が大好きで。しかもその頃、『凶悪』が強烈に心に刺さったばかりの時期だったんです。だから、まさか本当にその白石(和彌[かずや])監督の作品に出させていただけるなんて…!

最初に撮影のお話をいただいた時は「自分の妄想かな?」と思ってしまうくらい驚きましたね。

―共演者も“『凶悪』コンビ”のピエール瀧さん&リリー・フランキーさん…。北原さんにはたまらない現場だったのでは…!

北原 本当に! 作品自体はそれこそ“暗めの雰囲気”なのですが、おふたりがすごく優しく明るく、気さくに接してくださったので、現場はずっと仲良しなイイ雰囲気でした。おふたりとはずっと“しりとり”をしていました(笑)。

―しりとり…ですか??

北原 リリーさんに初めてお会いしたのが控室だったのですが、ふたりきりで何を話したらいいかわからなくなったんですよ。でも「どうにかして仲良くなりたい!」と思って、なぜか「あの~…しりとりしませんか?」と声をかけたんです(笑)。でも、リリーさんは快く乗ってくださって。

それからはしりとりが撮影の空き時間でブームになって「食べ物」「セクシー」といったテーマを設けてずっと盛り上がっていました(笑)。


―ちなみに「セクシー」ってどんなワードが…? 「くびれ」みたいな?

北原 「くびれ」もアリですけど、でもちょっとセンスよくないですね。えーと、何があったかな…「伊豆」みたいな、どこか想像をかき立てるような言葉を探すというか…(笑)。

―意外とハイレベル!(笑)

北原 わりとなんでもアリになるテーマでしたね(笑)。でも本当におふたりのおかげで、ずっと和やかな現場でした!

―そんな和やかな現場なのに、作品自体は「殴る」「蹴る」といったハードなシーンがてんこ盛りで…。初めての現場だったと思いますが、撮影してみていかがでしたか?

北原 本当に“暴力まみれ”な毎日でした(笑)。私は誘拐される役ですが、そんな私も含めて「全員殴るし、殴られる」という撮影だったので、激しいシーンに対して当たり前の感覚になるというか…どんな暴力シーンでも笑いながら撮る、みたいな。カメラが回った時の現場はすごい雰囲気でしたね…。

―確かに、演じる赤理も誘拐されたばかりの冒頭は怯えてばかりだったのに、後半ではどんどん手が出てましたね…。

北原 ほとんど“順撮り(シナリオ順に撮影していく方法)”だったんですが、撮影が進んでいくにつれて、自分の気持ちがだんだん赤理と同じように変わっていって。

―恐ろしい現場…! ちなみに、一番大変だったことは?

北原 赤理は劇中で何度も死にかけてますが、最初に死にかける…雪の山道を逃げ回るシーンは本当にツラかったです! 豪雪の中、すごく薄着ですし、片足に限っては裸足でしたし!

―撮影は全編、2月の新潟で行なわれたんですよね。その字面だけでも寒さが伝わってきます…!

北原 山での撮影の後は寺泊(てらどまり)という海沿いの地域で撮影していたのですが、海沿いは山とはまた違った過酷さがありました。こちらのほうが体感的には寒いんじゃないかと思うほど、寒さがずっと“一番の敵”でしたね。闘いました。

●この続き、インタホン後編は明日配信予定!

(取材・文/アオキユウ[short cut] 撮影/武田敏将 (c)2018「サニー/32」製作委員会)

●北原里英(きたはら・りえ)
1991年6月25日生まれ、愛知県出身。07年、AKB48に第5期生として加入。12年8月からはSKE48兼任になり、その後、15年8月末にNGT48に移籍。今年4月の卒業公演まで同グループのキャプテンを務める。最新情報は公式Twitterをチェック!【@Rie_Kitahara3】

■映画『サニー/32』は本日2月17日より全国公開! 詳細は公式サイトまで
(この記事はエンタメ総合(週プレNEWS)から引用させて頂きました)


↑このページのトップヘ